ザイデナの効果が一瞬で終わってしまってお困りの方へ

2019年10月05日

ザイデナは韓国の東亞製薬が製造販売を行っている勃起不全症治療薬です。
クエン酸シルデナフィル(バイアグラ)、レビトラ(バルデナフィル)、タダラフィル(シアリス)に次ぐ、第4の勃起不全症治療薬として期待されています。
ザイデナの有効成分はウデナフィルと呼ばれるもので、既存の3剤と同様の作用機序を有しています。
具体的には、ホスホジエステラーゼVを阻害することで、サイクリックGMPの分解を抑制し、陰茎部の血管拡張を引き起こし、血流量が増加することにより勃起を引き起こします。
ザイデナの利点は効果発現までの時間が他の勃起不全症治療薬より早く即効性があることです。
バイアグラ、レビトラは性行為の1時間前、シアリスは性行為の3時間前に服用する必要がありますが、ザイデナは性行為の30分前の服用が推奨されています。
なおかつ、作用持続効果もバイアグラ、レビトラよりあり、服用のタイミングはある程度気にせずしても薬効が出やすい薬です。

しかし、このザイデナを使用してみたものの、早漏のため秒殺状態だった、という新たな悩みを抱える方もいらっしゃるようです。
そのような場合、セロトニン再取込み阻害剤(SSRI)の併用が効果的です。
この薬はセロトニン作動性神経の終末部のシナプス間隙からセロトニンを再取込みするのを抑え、シナプス間隙のセロトニン量を増やし、セロトニンの作用を増強するような薬です。
この薬は日本ではうつ病の治療薬としてよく臨床応用されていますが、海外では早漏治療薬としても使用されています。
それは、セロトニンの作用により、感覚機能が低下し、亀頭部の感覚が低下することで、摩擦刺激にも耐えられるようになるためです。

関連記事
真面目な人はストレスでEDになりやすい?

真面目な人はうつ病になりやすいと言われていますが、ED(勃起障害)にもなりやすくなる可能性があります。例えば、子作りのプレッシャーにより、うまくいかないという場合もあります。うまくいかない回数が増えるほど、「今度こそは」と意気込んでしまい、ますますうまくいかなくなるという悪循環に陥ってしまうのです。

2019年09月06日
ザイデナには合成着色料が使われていません

ザイデナ(ZYDENA)とはED治療薬の一種で、韓国の東亞製薬が製造販売しています。ED治療薬は、有効成分シルデナフィルのバイアグラ、有効成分バルデナフィルのレビトラ、有効成分タダラフィルのシアリスが広く知られており、日本でも国の認可が下りているため、病院でEDと診断されれば処方を行ってもらえます。

2019年08月08日
ザイデナの購入は個人輸入サイト

ザイデナは、韓国の製薬会社が製造販売しているED治療薬です。第四世代のED治療薬先発医薬品として注目されています。従来のED治療薬に比べて即効性が高く、持続時間も長い特徴があります。およそ12~20時間の持続時間とされています。使用方法としては、性行為の30分ほど前に服用します。食事の影響を受けにく

2019年06月24日
ザイデナの服用が安心な理由を教えます

ザイデナは、近年韓国で開発されたED治療薬です。ウデナフィルを主成分としていて、服用することで血管拡張による勃起のサポート効果を得ることができます。現在世界的に多く使われているED治療薬は、バイアグラとシアリスとレビトラです。いずれも効果の高さが立証されているため、全世界のEDに悩む男性に服用されて

2019年07月13日
ED治療薬を使いわける方法

ED治療薬には多くの種類がありますが、現在主流となっているED治療薬は、どれも効果が同じです。いずれも血管を拡張する作用があるのです。男性器は、海綿体が多くの血液を吸収することで勃起します。つまり血管が収縮していて血流が悪い状態だと、勃起しづらくなるのです。逆に、ED治療薬により血管が拡張されると、

2019年05月25日
日本では認可されていないザイデナ

「ザイデナ」とは、韓国の製薬会社が製造しているED治療薬です。そもそも「バイアグラ」や「レビトラ」などのED治療薬は、大柄な欧米人などを基準にして開発されています。ですから欧米人などに比べて小柄な日本人の体質には若干強い薬と言われ、服用する際には半錠にして服用したりしなければいけません。その点この「

2019年05月10日
韓国で開発されたザイデナ

韓国で開発されたザイデナは、ED(勃起不全症)の症状を改善する効果がある経口内服薬です。有効成分は、ウデナフィルという物質です。日本で認可されたED治療薬は、バイアグラ・レビトラ・シアリスの3つですが、このザイデナは、外国では許可がおりて正式に利用されているED治療薬です。ザイデナは、他のED治療薬

2019年04月29日